婦人科

婦人科診療内容

概要

当科における婦人科手術件数は近年増加の一途をたどっています。当院は県内唯一の都道府県がん診療連携拠点病院(厚生労働省指定)に指定されており、婦人科悪性腫瘍手術に対しては県内唯一の基幹病院として取り組んできました。近年では特に低侵襲手術といわれる腹腔鏡手術を導入し、これまで腹腔鏡手術の適応外であった患者さんに対しても積極的に腹腔鏡手術を取り組んでいます。さらに、婦人科悪性腫瘍に対する腹腔鏡手術も導入し、世界レベルの低侵襲治療を提供できるように取り組んでいます。手術療法では治療が困難な患者さんに対しては、放射線治療や抗がん剤治療を行い、最新治療・臨床ガイドラインに準拠した集学的治療を提供しています。緩和ケアチームによるがん患者さんに対する肉体的・精神的苦痛を早期から緩和する体制を整えています。また、がん治療にともなって生じる下肢リンパ浮腫に対してリンパ浮腫専門外来も開設いたしました。

治療対象の疾患に関しては、悪性腫瘍から骨盤臓器脱まで幅広く対応しています。一般病院では対応が困難な疾患や、婦人科疾患以外の合併症・既往症を有する患者さんに対しても、他科と密に連携をとって対応しています。また、当科では多様な病状を呈する子宮内膜症の患者さんに対する治療も専門的に行っています。ガイドラインに基づいた薬物療法を始め、疼痛緩和に対する手術療法、稀少部位内膜症に対する対応も他科と連携をとって積極的に行っています。今後の展望としては、婦人科悪性腫瘍に対する腹腔鏡手術の適応拡大(子宮頸がんや進行子宮体がん)、若年子宮頸がん患者さんに対する妊孕性温存手術(広汎子宮頸部摘出術の導入、手術支援ロボット「daVinci」の導入などの最新治療を導入し、受診患者さんに提供できるように努めていきたいと考えています。

婦人科病棟個室

婦人科病棟個室

施設認定(婦人科関連)

  • 日本産科婦人科学会総合型専攻医指導施設
  • 都道府県がん診療連携拠点病院
  • 婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG)参加登録施設
  • 日本超音波医学会専門医研修施設
  • 日本婦人科腫瘍学会専門医制度指定修練施設
  • 日本臨床腫瘍学会認定研修施設
  • 日本がん治療認定機構認定研修施設
  • 日本産科婦人科内視鏡学会認定研修施設
  • 日本女性医学会専門医認定研修施設
  • 臨床遺伝専門医制度認定研修施設

遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)について

概要

遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)遺伝性のがんのひとつで、乳がんや卵巣がんだけでなく腹膜がん、前立腺がん、膵がんの発症リスクが高まる疾患です。乳がんのうち約5-10%が、卵巣がんのうち約10-15%がHBOCによるものであると考えられています。BRCA1またはBRCA2のいずれかの遺伝子の変異による遺伝性疾患で、近年は米国の映画俳優によってこの疾患が広く知られるようになりました。
遺伝子に変異があっても必ずがんを発症するわけではありません。ただ、HBOCにおける卵巣がんリスクは一般集団の35-40倍と言われており、その生涯発症率は約15~40%と非常に高くなっています。

診断

HBOCは遺伝子検査で診断します。その実施については事前の遺伝カウンセリングが必要です。

治療

遺伝子変異そのものを治療することはできません。卵巣がんの早期発見・早期治療が重要となってきます。しかし、一般的に卵巣がんの早期発見は難しく、HBOCでも同様で発見時はその多くが進行がんとなっています。
そのため、欧米ではHBOCにおけるリスク低減両側卵管卵巣切除術(RRSO)が広く日常診療で行なわれています。

奈良県立医科大学附属病院での取り組み

当院では、2014年 12月に、「リスク低減乳房切除術と乳房再建術、リスク低減両側卵管卵巣切除術の奈良県立医科大学附属病院への導入」に関する倫理委員会の承認を得ました。乳腺外科、婦人科、形成外科、麻酔科、病院病理部、緩和ケアセンター、看護部、遺伝カウンセリング室などが HBOC 医療チームとして診療にあたっています。

遺伝子検査および手術に伴う費用は、自費診療で実施しています。その実施にあたっては、この疾患についての説明や検査の必要性などの遺伝カウンセリングが必要です。

お問い合わせ・お電話

HBOC に関するご相談は、遺伝カウンセリング外来までご連絡下さい。
奈良医大附属病院・遺伝カウンセリング外来専用
受付時間:毎週月曜日~金曜日 午後2時~午後5時
電話番号:0744-29-8880(遺伝カウンセリング外来専用)

婦人科悪性腫瘍に対する腹腔鏡手術

1.早期子宮体がんに対する腹腔鏡下子宮体がん根治手術

これまで先進医療として一部の施設でしか行われていなかった腹腔鏡下子宮体がん根治手術ですが、平成26年4月1日より保険診療で治療を受けることができるようになりました。ただ、治療を行える施設は一定の症例数が必要などの規定があり、認定施設においてでしか治療を受けることができません。当科はその認定施設となっており、これまでに数十例の経験があります。

2.早期子宮頸がん(IA2、IB1、IIA1期に限る)に対する腹腔鏡下広汎子宮全摘術

本術式は平成26年12月1日から厚労省が制定する先進医療に認可され、一定数の症例経験等の施設基準が必要となります。この先進医療の施設基準を満たす為には、申請に先立ち子宮頸がんに対する腹腔鏡手術療法の経験(3症例)が必要となる為、当科では『先進医療「腹腔鏡下広汎子宮全摘術」に向けての臨床試験』を立ち上げて取り組んでいます。

この3症例の患者さんに限っては、必要費用はほぼ病院負担とし患者さん負担を減らすことでご協力をお願いしています(詳しい費用などは問い合わせください)。当科では年間約200例を超える腹腔鏡手術(約20例の腹腔鏡下子宮体がん根治術含む)と年間約20例の開腹での広汎子宮摘出術の実績があり、日本産科婦人科内視鏡学会の技術認定医2人と日本婦人科腫瘍学会の腫瘍専門医のエキスパートにより、根治性・安全性を担保して行っております。

3.内視鏡下手術用ロボットを用いた腹腔鏡下広汎子宮全摘術 子宮頸がん

(FIGOによる臨床進行期分類がIB期以上及びIIB期以下の扁平上皮がん又はFIGOによる臨床進行期分類がIA2期以上及びIIB期以下の腺がんであって、リンパ節転移及び腹腔内臓器に転移していないものに限る)

内視鏡下手術用ロボット(da Vinci Surgical System)は、本邦では泌尿器科領域でしか認可されていませんでしたが、ようやく婦人科領域においても先進医療Bとして認可されました。治療内容は上述した腹腔鏡下広汎子宮全摘術と同じですが、内視鏡手術用ロボットを用いるという点で大きく異なります。当科ではまだ内視鏡下手術用ロボット(da Vinci Surgical System)を導入していませんが、上述した腹腔鏡下広汎子宮全摘術の先進医療の施設認定取得後には、この内視鏡下手術用ロボットを用いた先進医療導入も検討しているところです。

4.その他

早期子宮体がんに対する腹腔鏡下傍大動脈リンパ節郭清術
本邦において未だ公的な認可は下りていませんが、子宮体がんに対する傍大動脈リンパ節郭清の導入も検討しています。傍大動脈リンパ節郭清術は、開腹では子宮体がん、卵巣がんにおいて通常行っている術式ですが、恥骨上から剣状突起まで皮膚切開を大きく切り上げるため、手術侵襲が大きくなることが問題になります。術後腸閉塞等の合併症の増加や離床の遅れに繋がるため、この術式を低侵襲手術である腹腔鏡で行うための取り組みを検討しています。国外では既に多くの国で腹腔鏡下傍大動脈リンパ節郭清術は行われていますし、本邦においても自費診療で本術式を導入している施設もあります。将来的には公的に導入される術式と考えられますが、それに先立ち当科でも導入を検討したいと考えています。

広汎性子宮頸部摘出術
腹腔鏡手術ではありませんが、妊孕性温存を希望する若年の患者さんに対して、子宮を温存する広汎性子宮頸部摘出術が本邦において保険診療になっています。当科ではまだ本術式を導入していませんが、今後患者さんの幅広い受容に応えるために、導入を検討したいと考えています。導入の際には改めてホームページでお知らせいたします。

リンパ浮腫外来について

婦人科がんにおけるリンパ節郭清や放射線治療後に下肢にリンパ浮腫が発症することがあります。一旦、リンパ浮腫が発症すると完治することは難しく、患者さんの日常生活に支障をきたします。しかし、適切なケアを行えば、リンパ浮腫を軽減させたり、悪化を予防することができます。当院では2016年9月より、新たにリンパ浮腫外来を開設いたしました。専門のリンパドレナージセラピスト2名によるリンパ浮腫のケアを行います。リンパ浮腫の症状・合併症の有無、生活環境などに配慮した個別計画をたて、症状の軽減を目的にリンパ浮腫の治療として国際的に承認されている「複合的治療」を行います。「複合的治療」では、(1)日常生活指導、(2)スキンケア、(3)用手的リンパドレナージ、(4)弾性ストッキング着用、(5)運動療法を組み合わせてケアを行います。なお、すべて自費診療になり、保険診療では行っておりませんのでご了承ください。

緩和ケアセンター

がんと診断された患者さんは、がんによる痛みなどの様々な肉体的苦痛に加え、落ち込み・悲しみなどの精神的苦痛を経験します。「緩和ケア」と聞くと、かつては、終末期のケア、治療が終わった患者さんが受けるケア、モルヒネを使うこと、などのイメージがありましたが、現在では、がんと疑われた瞬間から、治療、リハビリ、再発、終末期といったすべての病期で、身体的・精神的苦痛、社会的苦痛、さらには霊的苦痛を含めた全人的苦痛を緩和し、患者さんだけでなく、家族の生活の質を向上させるケアのことを指します。分かりやすくいうと、「病期に伴う心と体の痛みを和らげること」となります。

緩和ケアセンターでは、身体症状を担当する医師だけでなく、精神症状を担当する医師、緩和ケア専従のがん看護専門看護師、薬剤師、臨床心理士(カウンセラー)によるきめの細かいケアを行っております。これらの苦痛を緩和できれば、患者さんのおだやかな時間を取り戻すことができます。一人で、病気のことを抱え込まず、緩和ケアセンターのスタッフにお気軽に相談ください。緩和ケアのスタッフは、患者さんの悩みや不安について、一緒に考え、納得できる選択をするための支援を行っていきたいと考えています。

外来化学療法室

がんの治療においてがん化学療法(抗がん剤治療)は入院して行うことが一般的でしたが、現在では副作用対策により家庭で生活をしながら通院により治療を行うことが可能になりました。当院において、外来化学療法室で化学療法を受ける患者さんは年々増加し、平成25年11月には、新築のE病棟に移転拡張いたしました。外来化学療法室では、現在リクライニングチェア18、ベッド8、計26床の専用治療病床に加え、各病床にはパーソナルTVモニターを備え、オーディオスピーカーからは耳に心地よいBGMを流しています。また、男女別および多目的トイレ、家族待機場所も確保するなどのアメニティーに配慮したゆったりしたスペースとなっています。外来診療室には診察ブースのほか、落ち着いて患者さんとお話ができる面談室があります。

医療スタッフは、がん薬物療法専門医・指導医を含む専従医師、がん化学療法看護認定看護師を含む専任看護師、がん薬物療法認定薬剤師を含む専任薬剤師で無菌調剤から薬剤の投与、有害事象の対応、患者ケアならびに指導を行っており、厚生労働省が定める施設基準を満たしています。

安全性を重視し、処方内容を十分確認したうえで薬剤師が無菌的に調剤し、治療薬投与中は専任の看護師がケアをさせていただき、また投与中の体調不良や副作用発生時には常駐する担当医が診察いたします。外来化学療法室では、充実したアメニティー環境で、質の高い化学療法の提供を目標として、患者さんにとって真の「癒しの空間」となることを目指して日々努力しています。

外来化学療法室のベッドとリクライニングチェア

外来化学療法室のベッドとリクライニングチェア